1億4000万円詐欺被害=50代女性に架空請求―静岡

 静岡県警沼津署は7日、昨年10月~今年2月にかけて、同県沼津市の50代女性が、有料サイトの運営会社社員などを名乗る複数の男から現金計約1億4000万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。
 同署が詐欺事件として調べている。
 同署などによると、昨年10月上旬、架空の有料サイト運営会社から、女性に利用料金を支払うよう催促するメールが届き、女性が電話したところ「金融庁が裏取引を疑っている」などと言われた。
 その後、金融庁職員を名乗る男から電話で「監査が入ると口座が凍結される。サイト運営会社に預金を預けてください」などと言われ、同年12月中旬~今年2月上旬にかけ、自宅を訪れた男に約10回にわたって現金計約1億4000万円を渡したという。 

時事通信 3月7日(月)18時20分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード