「オレオレ」の前兆か、山形と天童で不審電話

 県警生活安全企画課は5日、山形、天童両市でオレオレ詐欺の前兆となる不審電話があったと発表した。

 同課によると、山形市の高齢者宅には4日午後8時ごろ、息子を名乗る男が「俺だけど。インフルエンザになった」と電話してきた。住人が「どちらさまですか」と問い返したところ、電話は切れた。トラブルを装い、最終的に現金を要求する手口とみられる。

山形新聞 4月6日(水)7時20分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード