株の名義変更名目で60代女性が1億円被害 京都府警が捜査

 京都府内の60代女性が、投資会社の社員を名乗る男らに、株の名義変更手数料名目で、現金約1億円をだまし取られていたことが26日、京都府警への取材で分かった。府警が特殊詐欺事件として捜査している。

 府警によると、昨年秋、1人暮らしの女性方に「亡くなったご主人が株を所有していた。名義変更のため手数料が必要」などと、投資会社の社員を名乗る男から電話があった。その後も複数の男から繰り返し同様の電話があり、話を信じた女性は、今年2月までの間、現金約20万~100万円を200回以上にわたって、指定された口座に振り込んだ。被害総額は約1億円にのぼるという。

 今月上旬、不審に思った女性が府警に相談し発覚した。府警は詐欺グループによる犯行とみて捜査している。

産経新聞 4月26日(火)11時10分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード