還付金名目、95万円だまし取られる 寒河江

県警捜査2課は28日、医療費の還付金名目で、寒河江市の70代女性が現金95万円をだまし取られる特殊詐欺被害があったと発表した。

同課によると、同日午後0時20分ごろ、市職員をかたる男から女性宅に「還付金がある」などと電話があり、女性は個人口座のある銀行を教えた。その後、銀行員をかたる男からの電話の指示でコンビニの現金自動預払機(ATM)に行った女性は、携帯電話で指示を受けながらATMを操作し被害に遭ったという。「手続きが完了したら電話する」と言われたが連絡が来ず、銀行に問い合わせ、被害が判明した。

山形新聞 4月29日(金)7時42分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード