70歳女性、なりすまし100万円被害 電話に「イノウエ」名乗る男

 二本松市の女性(70)が医療関係者を名乗る男の電話を信じ、現金約100万円をだまし取られたことが26日、二本松署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、女性宅に同日午前11時ごろ、電話があり、男は「医療費を払いすぎているので戻る。次の電話番号に電話をしてください」と話した。

 女性が告げられた番号に電話をすると、「イノウエ」を名乗る男が電話に出て「取引銀行はどこですか。通帳とキャッシュカード、携帯電話を持って銀行に行ってください」と話した。

 女性は市内の銀行で指示された通りに現金自動預払機(ATM)を操作した。その後、通帳の残高が減っていることに気付き行員に相談したことで被害に遭ったことが分かった。

福島民友新聞 4月27日(水)11時10分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード