常滑市議ら2人再逮捕=太陽光誘致で詐欺容疑―愛知県警

 愛知県常滑市の太陽光パネル誘致をめぐる汚職事件で、県警は6日、詐欺容疑で元市議岸田嘉成(63)=収賄罪で起訴=と市議斎田大五朗(40)両容疑者を再逮捕した。

 岸田容疑者は認否を留保し、斎田容疑者は否認しているという。

 逮捕容疑は、同市誘致の太陽光発電施設設置場所の土地を所有する会社員男性(50)にうそを言い、2014年9月上旬ごろ、測量費名目で約367万円を振り込ませてだまし取った疑い。

 名古屋地検は6日、別の女性から同じ手口で約550万円を詐取したとする詐欺罪で両容疑者を起訴した。

時事通信 6月6日(月)17時52分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード