「7億円当選」メール詐欺 アマゾンギフトカード1800万円被害 京都の男性

「あなたに7億円が当選した」とするメールを受け取った京都市伏見区の60代男性が、約1800万円分のアマゾンギフトカードの情報を何者かにメールで送信し、だまし取られる被害に遭ったと19日、京都府警伏見署が発表した。同署が特殊詐欺事件として調べている。

同署によると、6月7日、男性の携帯電話に「あなたに1等7億円が当選した」などとするメールが届いた。信用した男性が返信したところ、「一時金の預かりが必要」として、アマゾンギフトカードを購入しカード番号の写真をメール送信するよう指示するメールが届いたため、男性は従ったという。

その後も、「ロックがかかった。復元のため500万円必要」など、さまざまな理由で繰り返し要求があり、男性は7月14日までに、複数のコンビニでアマゾンギフトカード約370枚(約1800万円分)を購入し、カード番号を送信したという。男性の行動を不審に思った妻が男性から事情を聞き、欺されていると気付いたという。

産経新聞 7月19日(火)20時9分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード