キャバクラ料金二重取り、20万円 22歳の経営者を逮捕

キャバクラ店での支払いの際、クレジットカードの端末機が不調と偽って現金約20万円をだまし取ったとして、大阪府警曽根崎署は7日、詐欺容疑で、大阪市北区堂山町のキャバクラ店「Club Gem」経営、伊藤涼太容疑者(22)=大阪市北区中津=を逮捕したと発表した。容疑を認めている。

逮捕容疑は、昨年11月23日午前5時ごろ、同店を利用した50代の男性が、計約30万円の飲食代金のうち約20万円をクレジットカードで支払おうとしたところ、実際は決済できていたのに「端末機の調子が悪くカードが利用できなかった」などと嘘を言って、現金約20万円をだまし取ったとしている。

同店をめぐっては、ほかにも同様の相談や被害届が5件(被害総額計約70万円)寄せられているといい、同署は関連を調べる。

産経新聞 7月7日(木)16時30分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード