特殊詐欺被害多発で非常事態宣言 岡谷市

岡谷市は6月30日、市内で特殊詐欺被害が多発しているとして非常事態宣言を発表した。市内ではこの半年で6件、金額にして4071万円余りの被害が出ており、過去最悪の状況。県内では長野市に次ぐ多さで、岡谷市は県警などと連携して防止の取り組みに力を入れる。

県警によれば、この半年間の被害手口・件数(被害額)は、架空請求2件(約3400万円)還付金名目3件(約300万円)、なりすまし1件(約380万円)。被害者の大半が高齢者だった。今年3月には、岡谷市内の80代の女性が株の購入をめぐって2850万円をだましとられた。

市は、高齢者への集中的な啓発や出前講座、職員への研修などを実施する。

産経新聞 7月2日(土)7時55分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード