金融庁職員名乗り詐欺 神戸の女性550万円被害

23日正午ごろ、神戸市東灘区の無職女性(84)が「金融庁職員を名乗る男に550万円をだまし取られた」と東灘署に届け出た。同署が詐欺事件とみて調べている。

同署によると、女性宅に今月19日、通信販売業者を名乗る男から電話で身に覚えのない通販の利用を告げられ、直後に警察官を名乗る男から「個人情報が漏れている可能性がある」と電話があった。22日も電話で、金融庁職員を名乗る男から「銀行から個人情報が流出している。預金を保護するので全額下ろしてもらえれば、職員が受け取りに行く」と告げられた。

女性は同日夕、銀行口座から現金550万円を引き出した後、自宅近くで男に現金を手渡した。その後、連絡がないことを不審に思い、同署に相談したという。

神戸新聞NEXT 8月23日(火)19時19分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード