東大阪市職員、95万円詐取容疑で再逮捕 市立病院での還付金詐欺

 大阪府東大阪市立総合病院(同市西岩田)に勤務していた職員による診療費の還付金詐取事件で、大阪府警捜査2課は4日、詐欺容疑で、元病院職員の市環境部職員、繁田敬治容疑者(58)を再逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 再逮捕容疑は今年7月、病院担当者に対し、トラブル対策で80代の男性患者に診療費の還付金を支払う必要があるなどと偽り、現金約95万円をだまし取ったとしている。

 病院によると、不正は今年7月の内部調査で発覚。被害額は1億円を超える可能性もあるという。

産経新聞 10月4日(火)20時1分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード