長男名乗る男に1400万円詐取される 館林

 館林市の無職女性(70)が長男を名乗る男から現金1400万円をだまし取られる被害があり、館林署が詐欺事件として捜査を始めた。

 同署によると、17日から18日にかけ複数回、「トイレに携帯を落としちゃった」「投資に参加して金が足りない」などと嘘の電話をかけ、信用した女性が自宅近くの路上で弁護士を名乗る男2人に2回計1400万円を手渡した。

 女性が長男に確認して発覚した。同署は「携帯電話をなくしたと電話を架けてくるのは振り込め詐欺の典型的な手口です」と注意を呼びかけている。

産経新聞 11/22(火) 7:55配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード