au決済システム悪用 他人のIDで支払い容疑の男を逮捕

通信大手KDDIの代金決済システムを悪用し、自分の動画サイト利用料を他人に支払わせようとしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、電子計算機使用詐欺と不正アクセス禁止法違反容疑で、東京都八王子市別所の派遣社員、山口雄生(ゆうき)容疑者(21)を逮捕した。同課によると、容疑を認めている。

山口容疑者は、他人の決済システムのIDや暗証番号を勝手に入力し、自分が登録した動画配信サイトの利用料の支払いを免れていた。また利用料の一部は現金化できるポイントで還元されるため、山口容疑者は「ポイントを現金化して1千万円程度を稼いだ」と話している。

決済システムは「auかんたん決済」と呼ばれ、インターネットで購入した商品やサービスの代金を通話料金に上乗せして支払うサービス。IDや暗証番号は、無料通信アプリLINEで知り合った男女からメッセージのやりとりの中で聞き出していた。山口容疑者は約250人のIDで不正アクセスしたと説明しており、同課はほかの通信会社の決済システムも悪用されていなかったか調べる。

逮捕容疑は1~4月、動画配信サイトで利用を申し込む際、広島県の20代女性が決済するようIDと暗証番号を不正に入力し、約11万円の支払いを免れたなどとしている。

産経新聞 11月7日(月) 17時42分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード