たんす預金1000万円手渡す 次男装う詐欺、70歳女性被害/本庄

 6日午後1時半ごろ、埼玉県本庄市の無職女性(70)の長男から「母親が1千万円の手渡し詐欺に遭った」と本庄署に電話があった。同署で詐欺事件として調べている。

 同署によると、同日午前10時ごろから数回、女性方に次男(44)を名乗る男から「病院に行く途中、倒れて携帯や財布がなくなった」「今日中に会社の支払い880万円を振り込まなければならなくなった」「返すからあるだけ貸して」と電話があり、さらに息子の上司を名乗る男から「相手の会社にお金を振り込まないといけない」「神保原駅まで来て」と電話があった。

 信じた女性は同日午後0時半ごろ、JR神保原駅付近の駐車場内で、上司の息子を名乗る男にたんす預金をしていた現金1千万円を手渡した。

埼玉新聞 12/7(水) 22:36配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード