死亡した母の年金を不正受給か 静岡・三島、詐欺容疑で男再逮捕

死亡した母親の年金を不正受給したとして、三島署は26日、詐欺の疑いで三島市西若町、無職の男(77)を再逮捕した。

再逮捕容疑はことし2月から10月までの間、同居していた母親=当時(96)=の死亡を届け出ず、厚生労働省に母親の厚生年金など約150万円を振り込ませ、だまし取った疑い。

同署によると、母親名義の口座を通じて老齢厚生年金と老齢国民年金を5回にわたって受け取っていたという。同署は男の認否を明らかにしていない。母親の死亡した時期や場所、ことし2月以前の年金の受給についても引き続き調べている。

男は6日、自宅に母親の遺体を放置したとして同署に死体遺棄の疑いで逮捕された。

@S[アットエス] by 静岡新聞 2016/12/26(月) 17:15配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード