キックボクサーを詐欺容疑で逮捕 長野県警

 長野県警捜査二課と松本署は17日、詐欺の疑いで、山梨県中央市西花輪のキックボクサー、寺田亮太容疑者(24)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年7月14日、特殊詐欺グループのメンバーとして、長野県佐久市内の70代の女性(70)方に息子などを装って複数回にわたり電話をかけ「現金1000万円を至急必要としている」とうそを伝え、先に同県警に逮捕、追送検されている別のメンバーが、同市内の路上で女性から現金1000万円をだまし取ったとしている。

 所属するマイウェイジム(甲府市)のホームページなどによると、「RYOTA」こと寺田容疑者は平成20年にライセンスを取得し、21年にプロデビュー。25年にJKI日本フェザー級初代王者とUKF東アジアフェザー級王者となった。

 昨秋にJKI日本スーパーフェザー級王者のベルトを締めた。同ジムは取材に「代表がいないので対応できない」としている。

産経新聞 1/17(火) 16:31配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード