還付金手続き…100万円だまし取られた 60代女性が詐欺被害

 11日午後5時ごろ、福島市の60代女性が「還付金を受けようとしたが、気付いたら現金約100万円をだまし取られた」と福島署に届け出た。同署は「なりすまし詐欺」事件として調べている。

 同署によると、同日午後2時30分ごろ、女性方に福島市役所の職員を名乗る男の声で電話があり、「還付金の手続きは今日が締め切り。この後、銀行から連絡がある」などと言われ、銀行の支店以外の現金自動預払機(ATM)に行くよう指示された。女性は同市のスーパーマーケットのATMで、市役所職員を名乗る男の後に電話をかけてきた県内の金融機関の職員を名乗る男に電話し、男の指示通りにATMを操作、現金約100万円を送金したという。

福島民友新聞 1/12(木) 10:38配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード