自称霊媒師、除霊費名目で170万円だまし取った疑い

 霊に取りつかれていると不安をかき立て、お祓(はら)い代名目で現金をだまし取ったとして、警視庁は15日、自称霊媒師の60代の女=東京都世田谷区=を詐欺の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。女は容疑を否認しているという。

 捜査関係者によると、女は2015年6月ごろ、世田谷区内の40代女性に対し、「生き霊に取りつかれている。お祓いをしないといけない」とうそをつき、除霊費などの名目で約170万円をだまし取った疑いがある。

 女は女性の恋愛相談にも乗り、水晶などを購入させ、生き霊の話をするようになったという。警視庁はほかにも同様の被害があるとみて調べている。

朝日新聞デジタル 2/16(木) 1:34配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード