詐欺容疑の男、複数の“かけ子”グループ統括か

 オレオレ詐欺で複数の「かけ子」グループを統括していたとみられる男が、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは群馬県の無職、荻原正樹容疑者(33)で、去年9月、東京・文京区のマンションの一室で、70代の女性に対し、孫を装ってうその電話をかけ、現金100万円をだまし取った疑いが持たれています。

 荻原容疑者は、うその電話をかけるいわゆる「かけ子」の複数のグループを統括していたとみられ、犯行手口の指導や報酬を渡すなどしていたということです。

 警視庁は、荻原容疑者らが少なくとも180件、あわせて6億7000万円をだまし取っていたとみて裏付けを進めています。(27日11:34)

TBS系(JNN) 2/27(月) 13:11配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード