静岡の86歳女性 300万円詐欺被害

 静岡市清水区の無職女性(86)が8日、銀行協会の職員を名乗る男らにキャッシュカード4枚と現金約300万円をだまし取られたと清水署に届けた。

 同署によると、6日午前11時ごろ銀行職員をかたる男から電話で「亡くなった夫の口座に残金がある。手続きすればお金が戻ってくる」などと女性に連絡があった。女性は自宅を訪れた銀行協会の職員を名乗る2人組の男にキャッシュカード4枚を渡した。その後、現金が引き出されていたという。

@S[アットエス] by 静岡新聞 2/9(木) 7:50配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード