70歳女性から1・2億円詐欺容疑 「出し子」役か、男3人逮捕 京都

 未公開株の名義変更などを口実に約1億2千万円をだまし取ったとして、京都府警は8日、詐欺容疑で、福岡市中央区の派遣社員、小手川純弥容疑者(34)ら男3人を逮捕した。

 3人の逮捕容疑は平成27年9月~28年2月、京都市中京区の無職女性(70)宅に証券会社社員や国税局職員をかたり電話。未公開株の売却を持ちかけた上で「名義変更に手数料が必要」「所得税がかかる」などと偽り、手数料や税金などの名目で約230回にわたり計約1億2千万円を銀行口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。

 府警によると、3人は特殊詐欺グループで金を引き出す「出し子」役とみられる。小手川容疑者は「人に頼まれて出金したが、だましたつもりはない」と容疑を否認。2人は認めているという。女性は1回あたり数十万円~百数十万円を振り込まされていた。

 福岡市内のコンビニの現金自動預払機(ATM)で口座から金を引き出す姿が防犯カメラに映っていたことから、3人が浮上した。

産経新聞 2/8(水) 23:08配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード