区役所職員名乗り、女性から50万円詐取 京都府警が捜査

 京都府警下京署は5日、京都市下京区の女性(75)が区役所職員をかたる男らに現金約50万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として捜査している。

 同署によると、4日午前9時40分ごろ、女性宅に下京区職員を名乗る男から「医療費の還付期限が過ぎたが再手続きができる。銀行の担当者の指示に従って」などと電話があった。直後に銀行員と称する男から電話があり、キャッシュカードと携帯電話を持って現金自動預払機(ATM)に行くよう指示された。

 女性はATMを訪れ、電話の指示に従って数字を入力した結果、現金49万9625円をだまし取られたという。

産経新聞 4/6(木) 9:25配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード