80代男性「出会い系サイトで金だまし取られた」 決済業者に1900万円賠償命令 東京地裁

 出会い系サイトで金銭をだまし取られたとして、東京都内の80代の男性が、振り込み先の口座を管理していた決済業者2社などに約1950万円の賠償を求めた訴訟の判決が10日、東京地裁であった。吉村真幸裁判長は「決済業者もサイト運営者と共謀して詐欺行為を行っていた」としてほぼ同額の賠償を命じた。

 判決によると、男性は平成27年4月頃からサイトの利用を開始。「理事長」を名乗る会員などから「メッセージの文字化けを解除するためにはポイント購入が必要」などといわれ、2社が名義人となっている金融機関の口座に計約1780万円を入金した。

 サイト側は男性の入金後、「これにて正式に、完全愛人契約に関する最終段階のお手続きに入りたいと思います」などとするメッセージを送っていた。

 男性は当時、妻と2人暮らしだったが、資産のほぼ全てを失ったという。男性はその後、高次脳機能障害と診断され、成年後見が開始された。

 吉村裁判長はこのサイトについて「運営者に雇われたサクラが有料サービスを利用させる、いわゆるサクラサイト」と認定。決済業者側は「サイト運営者の詐欺行為を知らなかった」などと主張したが、判決は、決済業者側が口座から現金を引き出し、運営者側に渡していたことなどから、運営者側とともに詐欺行為を行っていたと判断した。

産経新聞 5/10(水) 22:47配信元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード