詐欺用口座を譲り受けた疑い 19歳少年を逮捕 大阪府警

 振り込め詐欺で使う口座を譲り受けたとして、大阪府警少年課は12日、犯罪収益移転防止法違反容疑で、同府豊中市の無職少年(19)を逮捕した。府警は1~2月、振り込め詐欺に使う口座を開設した男子高校生ら6人を摘発しており、少年は口座を取りまとめて詐欺グループに渡す役割だったとみている。

 逮捕容疑は昨年8月、男子高校生らが開設した5口座の預金通帳などを府内で譲り受けたとしている。少年は容疑を認めているが、詐欺グループとの関係について「今は言いたくない」と供述している。

 府警によると、このうち4口座が実際に詐欺事件に使われ、被害者2人から計約180万円が振り込まれたという。

産経新聞 6/12(月) 17:27配信元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード