<神戸山口組>組長を逮捕 他人名義で携帯契約の疑い

 携帯電話をだまし取ったとして兵庫県警は6日、指定暴力団・神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)の組長、井上邦雄容疑者(68)=神戸市北区鈴蘭台東町9=を詐欺の疑いで逮捕した。県警暴力団対策課によると、井上容疑者は「事実の通り」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、神戸市の30代の知人女性と共謀し、2013年11月、神戸市灘区内の携帯電話販売店で、井上容疑者に譲渡する目的を隠して、知人女性の名義で携帯電話の機種変更契約を申し込み、携帯電話1台を詐取したとしている。

 これまでの捜査で、県警が押収した別の携帯電話の通話履歴などから容疑が浮上していた。

 神戸山口組は15年8月、指定暴力団・山口組(総本部・神戸市灘区)から分裂。井上容疑者は山口組の渡辺芳則・5代目組長(故人)の出身母体で、神戸山口組の中核組織「山健組」(神戸市中央区)の組長も兼任している。神戸山口組からは4月30日、一部の組員が離脱して新組織「任俠団体山口組」の結成を表明しており、県警は暴力団組織の実態解明を急いでいる。
毎日新聞 6/6(火) 11:51配信元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード