「だまされたふり作戦」奏功…15歳受け子逮捕 受取場所現れる

 息子になりすまして現金をだまし取ろうとしたとして、会津若松署は25日午後4時10分ごろ、詐欺未遂の疑いで川崎市、会社員の少年(15)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、ほかの数人と共謀し、息子を装って会津若松市の70代女性に電話し、「別会社にお金を振り込まないと首になる」「お金を持って来てほしい」などと言って現金100万円をだまし取ろうした疑い。
 同署によると、電話を不審に思った70代女性が同署に通報。同署は県警機動捜査隊と県警捜査2課特殊詐欺特別捜査室と連携して、「だまされたふり作戦」を実施した。
 女性にだまされたかのように装わせ、現金の受取場所に指定した郡山市のJR日和田駅に現れた少年を逮捕した。
 同署によると、少年は現金を受け取る「受け子」役とみられる。同署は「なりすまし詐欺」事件として、女性に電話をかけた男ら詐欺グループ中枢のメンバーの特定などを進めている。

福島民友新聞 8/26(土) 10:27配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード