ソニー傘下元役員ら起訴 架空発注で1億円超詐取

 架空発注などを繰り返し会社から現金をだまし取ったとして、東京地検特捜部は8日、詐欺罪で、ソニーLSIデザイン(神奈川県厚木市)の元取締役執行役員、萩原良二容疑者(58)=東京都荒川区=ら3人を起訴した。同社は半導体の設計などを手掛けるソニーのグループ会社。

 ほかに起訴されたのは、いずれも同社元統括部長で、東京都町田市の金子浩之(52)と、茨城県つくばみらい市の飯泉邦夫(52)の両容疑者。

 起訴状などによると、3人は平成25年10月~28年2月ごろ、香港所在企業の役員(8日付で不起訴処分)と共謀し、架空発注で同社から現金計約1億700万円と約46万米ドルを口座に振り込ませたほか、26年11月~27年3月ごろには、業務委託報酬額を水増しする手口で計5万9千米ドルを口座に振り込ませ詐取したとしている。

産経新聞 8/8(火) 17:04配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード