「借金した、助けて」息子装い高齢女性から詐欺容疑、31歳無職男を逮捕 790万円被害裏付け

 息子を名乗り高齢女性から現金をだまし取ったなどとして、大阪府警八尾署は6日、詐欺などの疑いで、兵庫県西宮市の無職、桃井敏宇(としたか)被告(31)=同罪などで起訴=を逮捕、送検し、3件(総額約790万円)の被害を裏付けて捜査を終えたと発表した。

 桃井容疑者は詐欺グループの現金受け取り役「受け子」で、「始めは詐欺と知らなかったが、(受け取った)札束でオレオレ詐欺と分かった」と供述しているという。

 送検容疑は、数人と共謀し7月12日、大阪府八尾市内の70代女性に息子を名乗って電話し、「嫁から小遣いがもらえず、250万円借金した。助けて」と信じ込ませ、現金をだまし取ったなどとしている。

 同署によると、桃井容疑者は弁護士を装って現金を受け取っていた。この女性には翌13日も同様の電話がかかってきたが、実の息子の指摘で詐欺だと気付き、警察に通報。受け取り場所の八尾駅前に現れた桃井容疑者を、張り込んでいた捜査員が取り押さえた。

産経新聞 9/6(水) 18:09配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード