「朝鮮総連」関係者ら2人詐欺などの疑いで書類送検…虚偽の給与明細提出し、キャッシング上限額維持 大阪府警

 クレジットカード会社に虚偽の書類を提出し、キャッシングの上限額を維持したとして、大阪府警は28日、詐欺の疑いで朝鮮総連関係者の契約社員の男(41)を、詐欺幇助の疑いで朝鮮総連の傘下団体「在日本朝鮮大阪府商工会」幹部で社会保険労務士の男(41)をそれぞれ書類送検した。

 送検容疑は平成27年9月、カード会社に虚偽の給与明細を提出して正規の収入があるように装い、キャッシングの上限額を維持したなどとしている。

 契約社員は当時、ヤミ金融を営んでおり、昨年2月に逮捕され有罪判決を受けた。その後の調べで、友人だった社会保険労務士に協力を求め、労務士の事務所で勤務していると偽った給与明細をカード会社に提出していたことが判明した。

 府警は今年7月、社会保険労務士の勤務先として大阪市生野区内の商工会を家宅捜索したが、組織的な関与はなかったという。

産経新聞 9/28(木) 13:45配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード