うそ電話詐欺 電子マネー1400万円分 被害

鹿児島県出水市の50代の男性が、うそ電話詐欺で電子マネーの利用権およそ1400万円分をだまし取られていたことがわかりました。

県警によりますと、ことし5月下旬から8月中旬にかけて、大手インターネット事業者や金融庁の職員を名乗る3人以上の男から男性のもとに電話があり、「アダルトサイトの滞納金があります。このままだと裁判になります」などと言って支払いを求められました。
そして男性は、電話の指示に従って県内外のコンビニエンスストアに設置された端末を使って、数十回にわたって電子マネーを購入して、その利用に必要な番号を伝え、電子マネー利用権をだまし取られました。

被害額は1400万円で、電子マネーを使ったうそ電話詐欺の被害額としては、県内で過去最高です。
県内では今年、うそ電話詐欺の被害が先月末までに77件確認されていて、被害額はおよそ1億6860万円にのぼっています。

MBC南日本放送 | 鹿児島 9/13(水) 16:25配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード