他銀行からも2000万 詐欺容疑で男再逮捕 浜松中央署など

 事業資金名目で銀行から現金2千万円をだまし取ったとして、浜松中央署と静岡県警捜査2課は20日、詐欺の疑いで秋田市生まれ、住所不定、無職の男(53)=有印私文書偽造・同行使、詐欺罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2015年11月上旬から16年3月下旬までの間、営業実態のない介護関連会社の代表取締役に成りすまし、浜松市内の銀行支店へ虚偽の決算報告書の写しなどを提出して事業資金の融資を申し込み、16年3月25日に現金2千万円をだまし取った疑い。

 同署によると、融資の返済が滞り、同銀行側が確認すると会社がなかったという。

 容疑者は15~16年に同様の手口で浜松市内の別の銀行支店から現金5千万円をだまし取ったとして、逮捕、起訴されている。同署などは共犯者の有無を調べている。

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 9/20(水) 17:30配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード