ローン詐欺疑い、共犯者の任侠山口組幹部ら2人逮捕 約2300万円

暴力団組員が住宅ローンの融資金をだまし取った事件で、大阪府警捜査4課は27日、詐欺容疑で、指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠山口組」の幹部、拝藤政也容疑者(47)=住所不定=ら2人を逮捕した。

 府警によると、拝藤容疑者は11日に詐欺容疑で逮捕された金成行容疑者(49)=韓国籍、住所不定=とともに、任侠山口組の金禎紀(通称・織田絆(よし)誠(のり))代表の側近という。

 逮捕容疑は平成23年1~5月、大阪市西成区の建物を暴力団の活動拠点にする意図を隠し、金融機関に住宅ローンとして約2300万円を融資させ、詐取したとしている。府警は認否を明らかにしていない。

産経新聞 10/27(金) 17:48配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード