40代男性、なりすまし530万円被害 「勝てる馬券」参加料

 30日午後、いわき市の40代会社員男性から、「馬券購入費名目で現金約530万円をだまし取られた」と郡山署に届け出があった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。
 同署によると、7月上旬ごろ、男性の携帯電話に「競馬で確実に勝てる方法がある。馬券は当社が購入するので、参加料を振り込んで」などと男から電話があった。
 話を信じた男性は同月上旬から9月26日までにかけて、指定された口座に10回以上にわたり計約530万円を振り込んだという。男と連絡が取れなくなり、詐欺に気付いた。

福島民友 10/1(日) 11:36配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード