自動車保険金詐欺、会社役員の男ら5人逮捕

 故意に交通事故を起こし、損害保険会社から車の修理費やけがの治療費など保険金約65万円をだまし取ったとして、宮城県警は27日、詐欺の疑いで名取市箱塚の会社役員、三浦優樹容疑者(32)、大崎市田尻沼部の解体工、石川比以呂容疑者(21)ら、男5人を逮捕した。調べに対し「けがはしていないが、事故は本当だ」と容疑を一部否認する者もいるという。

 逮捕容疑は今年3月1日午後9時20分ごろ、亘理郡亘理町の町道で友人、知人ら3人を乗せた三浦容疑者運転の車と石川容疑者運転の車で故意に追突事故を起こし、保険金をだまし取ったとしている。

 県警によると5月ごろ、保険会社から仙台中央署に通報が入り事件が発覚した。

 県警によると、三浦容疑者、石川容疑者らはいずれも知人。県警は今後動機などを詳しく調べる。

産経新聞 11/28(火) 0:17配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード