「送り付け商法」で男女11人逮捕=詐欺容疑、高齢女性に健康食品―埼玉県警など

 注文されていない商品を送り付ける「送り付け商法」で現金をだまし取ったとして、埼玉、千葉両県警の合同捜査本部は1日までに、詐欺容疑で健康食品販売業者の責任者、金子和弘容疑者(51)=埼玉県草加市花栗=ら男女11人を逮捕した。

 金子容疑者は、「認否については言いたくない」と話しているという。

 捜査本部によると、金子容疑者らは、高齢女性を中心に、2014~17年にかけて、健康食品を、全国の都道府県に約1万7000件送り付け、計約4億8000万円を売り上げていたとみられる。

 逮捕容疑は、昨年12月~今年4月、千葉や大阪、兵庫の70~80代の女性3人に、「あなたから注文を受けていた商品ができあがりました」などとうその電話をかけて健康食品を代金引換の「ゆうパック」で送りつけ、計約7万9000円をだまし取った疑い。

 昨年5月ごろ、消費者庁から情報提供があり、県警が捜査を進めていた。 

時事通信社 12/1(金) 16:09配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード