なりすまし「受け子」疑いで男子高校生再逮捕 70歳女性だます

 デパートの店員などになりすまし、キャッシュカードをだまし取ったとして、郡山署は26日午後1時35分ごろ、詐欺と盗みの疑いで埼玉県草加市の男子高校生(19)=詐欺容疑で逮捕=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は7月24日、仲間と共謀し、デパートの店員などになりすまし、福島市の70代女性からキャッシュカード3枚をだまし取り、同市の金融機関の現金自動預払機(ATM)で現金計250万円を引き出した疑い。同署によると、少年は現金を受け取る「受け子」とみられる。
 同署によると、少年の仲間の男がデパートの店員を名乗り、電話で「あなたのカードで買い物をしようとした人がいた。全国銀行協会に電話してほしい」などと女性に告げ、電話番号を教えた。女性が電話をかけたところ、同協会職員を名乗る男が「あなたのキャッシュカードの暗証番号が使えなくなった」などと話したという。話を信じた女性は、同協会の職員を装った少年にキャッシュカードを手渡した。

福島民友新聞 2017/12/27(水) 10:11配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード