四日市 30代女性、484万円詐欺被害 三重

【四日市】三重県の四日市南署は11日、四日市市の30代無職女性がコンビニ収納代行サービスを利用して現金484万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。架空請求詐欺事件として調べている。

 同署によると11月27日、女性の携帯電話に「有料動画サイトの未納料金が発生している。支払いがないと法的措置をとる」などとメールが届いた。女性が記載の連絡先に電話すると、男が「データを消す示談金がいる」などと要求。

 女性は指示に従う形で今月9日までに四日市市のほか、旅行で滞在していた静岡県や岡山県内のコンビニ店16カ所で合計18回にわたり、コンビニ収納代行サービスを利用して現金合計約484万円をだまし取られたという。

 知人に相談して詐欺に気付き、被害を届け出た。

伊勢新聞社 12/12(火) 11:00配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード