770万円だまし取られる 長男かたる詐欺、73歳女性が現金手渡す被害/さいたま

 2日午後3時ごろ、埼玉県さいたま市浦和区の無職女性(73)の長男(48)から、「母親が詐欺の被害に遭い、現金770万円をだまし取られたようだ」と浦和署に通報があった。

 同署によると、11月27日午前8時半ごろから数回にわたり、女性方に長男をかたる男から「出勤途中に気分が悪くなってコンビニで吐血した」「コンビニのトイレに会社のキャッシュカード入りのファイルを忘れた。コンビニに電話してもないと言われた」「上司や上司の奥さんが金策に走っていて迷惑を掛けているので、いくらか都合できないか」などと電話があった。

 信じた女性は、同日から同月29日にかけて、自宅付近とJR十条駅付近の路上で、長男の同僚を名乗る男に3回にわたって、女性の預金口座から引き出して用意した現金計770万円を手渡したという。その後、長男が自宅を訪れ、だまされたことが分かった。

 同署で詐欺事件として、調べている。

埼玉新聞 12/3(日) 22:28配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード