詐欺容疑で少年逮捕 松戸の夫婦1350万円被害

 千葉県警松戸署は15日、詐欺の疑いで、別の非行事実で八街少年院に収容中の少年=犯行当時(18)、神奈川県=を逮捕した。

 逮捕容疑は仲間と共謀し、昨年10月18日~11月7日の間に、弁護士などをかたり、無職男性(74)=松戸市=方に民事訴訟が提起されていると偽った内容のはがきを郵送。電話をかけてきた男性の妻(72)に「裁判すると100万円ぐらいかかるから取り下げた方が良い。取り下げるのに弁護士費用が必要」などとだまし、同年10月18日ごろから11月9日にかけて、2人に同市内のコンビニエンスストア10店で計53回、コンビニ決済で支払い送金させるなどして、計1350万円だまし取った疑い。

 同署によると、少年は「知らない」と容疑を否認している。同年11月13日に松戸市内の郵便局から同署に「高額の引き落としをしようとした老夫婦がいる」と通報があり発覚した。

千葉日報オンライン 1/16(火) 10:30配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード