地面師グループの5人、印鑑証明偽造などの疑いで逮捕 警視庁

 東京都品川区内の土地をめぐり所有者の医療法人をかたって印鑑証明書を偽造したなどとして、警視庁捜査2課は6日、偽造有印公文書行使などの疑いで、会社役員の宮田康徳被告(55)=詐欺罪で起訴=ら男5人を逮捕した。宮田容疑者らは土地所有者になりすまして現金をだまし取る「地面師」グループとみられている。

 逮捕容疑は、平成25年4月ごろ、品川区内の土地をめぐり、虚偽の委任状や印鑑証明書などを作成した上、法務局に提出して登記しようとしたとしている。職員が偽造に気づいたため移転登記はされなかった。

産経新聞 2/7(水) 11:30配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード