「現金貸して」550万円手渡す 70歳男性が詐欺被害、おいかたる男から電話/小川

 埼玉県の小川署は16日、小川町の無職男性(70)が手渡し詐欺で現金550万円の被害に遭ったと発表した。

 同署によると、13日午後9時ごろから数回にわたり、男性宅に栃木県の会社員のおい(50)をかたる男から「後輩に為替をやらせてお金を運用していたが、後輩は会社の金を流用していた」「現金を貸してほしい」などと電話があった。

 誤信した男性は14日午後5時ごろと15日午前11時半ごろの2回にわたり、自宅から80メートル離れた町道でおいの友人の会計事務所職員を名乗る男に現金計550万円を手渡した。

 男は20歳ぐらい、身長は170センチほど。黒色ポロシャツ、黒色のズボン姿で黒色リュックサックを持っていた。

埼玉新聞 3/18(日) 10:30配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード