オレオレ詐欺で74歳が200万被害/滋賀

息子を名乗る男からのオレオレ詐欺で、米原市に住む74歳の女性が200万円をだまし取られていたことが分かりました。
警察によりますと、2日、米原市に住む74歳の女性の自宅に、息子を名乗る男から「会社のキャッシュカードが無くなった。決算でお客さんにお金を払わないといけない。これから上司と一緒に家に行く」などと嘘の電話がありました。
話を信じた女性は、米原市内のJR坂田駅近くの路上で上司の兄弟を名乗る男に現金200万円を手渡し、だまし取られました。
警察では振り込め詐欺事件として捜査するとともに、「会社のお金を立て替えてほしい」などの電話はすべて詐欺だとして注意を呼びかけています。

BBCびわ湖放送 3/5(月) 10:12配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード