女性専用シェアハウス「高値で購入させられた」

首都圏で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」などを運営する不動産会社「スマートデイズ」(東京)から、投資名目で物件を高値で購入させられたとして、30~50歳代の会社員ら13人が27日、同社などに2億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴状などでは、同社はオーナーから物件を借り上げ、女性入居者に転貸するシェアハウスなどを運営。2014~17年、原告らに「オーナーになれば30年間定額で家賃収入を支払う」と持ちかけ、スルガ銀行(静岡県)から約1億~2億円を借り入れさせ、相場より割高な物件を購入させたとしている。同社は1月から原告らへの家賃の支払いを停止している。原告側は詐欺容疑での刑事告訴も検討する。

 同社広報部の話「訴状が届いておらず、回答は控える」

読売新聞 3/27(火) 20:23配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード