融資保証金 詐欺グループのかけ子3人逮捕 個人情報資料4千人分押収

 貸金業者を装い融資保証金名目で女性から現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は詐欺容疑で、東京都新宿区西新宿の無職、工藤広美容疑者(40)ら男女3人を逮捕した。3人は詐欺電話をかける「かけ子」で、被害は昨年5月以降、全国で少なくとも約70件(被害総額約5千万円)に上るとみられる。

 逮捕容疑は1月上旬ごろ、融資を申し込んだ群馬県に住む50代のパート女性に対し、「貸し付けには保証会社にカネを支払う必要がある」などと電話をかけ、5回にわたって現金計約65万円を振り込ませてだまし取ったとしている。

 捜査2課によると、工藤容疑者らのグループは貸金業者を装ったホームページを複数開設し、融資の申込者の個人情報を収集。同課が14日に新宿区内のグループの拠点ビルを家宅捜索し、約4千人分の個人情報が書かれた資料を押収した。

産経新聞 3/15(木) 18:21配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード