四日市 30代女性、1120万円詐欺被害 動画の未納料金名目 三重

【四日市】四日市北署は17日、三重県四日市市在住の30代女性が有料動画の未納料金などを名目に合計約1120万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。架空請求詐欺事件として調べている。

 同署によると、3月12日に女性の携帯電話に「有料動画の未納料金が発生している。連絡がなければ法的手続きに移行する」とメールがあった。女性が連絡を取ると、コンビニの収納代行サービスを利用した支払いを要求されたため、同月12―15日にかけて、四日市市内のコンビニ4カ所で8回にわたって計230万円を支払った。

 その後、今度は電子マネー「ビットキャッシュ」による支払いを指示され、17―27日にかけて、コンビニ17カ所で31回にわたり計890万円分を購入し、ID番号を伝えたという。今月7日に女性から同署に相談があり、詐欺と発覚した。

伊勢新聞 4/18(水) 11:00配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード