架空請求1000万円 80代が詐欺被害 神奈川

逗子署は、逗子市に住む無職の80代女性が架空請求詐欺被害に遭い、現金約1千万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、6日午前11時ごろ、女性宅に大手グループ会社の社員を装った男から、「ガラス会社の社債購入リストにあなたの名前がありますが、購入しますか」「買わないのなら、うちで買い取るので名義を貸してほしい」などと嘘の電話があった。

 女性はこれを承諾。すると、直後にガラス会社の社員を名乗る男から、「名義貸しは違法」「おかげで会社が倒産するかもしれない」などと虚偽の事実を告げられ、1千万円を要求された。

 その後、自宅前の路上でガラス会社の社員を名乗る男の同僚を装った男に現金約1千万円を手渡し、詐取されたという。

 同署によると、8日に同居する家族に相談し、被害が発覚した。

産経新聞 4/13(金) 7:55配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード