<千葉県警>詐欺未遂容疑で男逮捕 署長、現場を偶然目撃

 千葉県警行徳署は19日、高齢女性をだまして男が現金を受け取ろうとする現場を同署の田中正人署長が偶然目撃し、署員らとともに詐欺未遂容疑で現行犯逮捕したと発表した。

 同署によると、田中署長は19日夕、同県市川市の東京メトロ東西線行徳駅近くの駐車場で、埼玉県春日部市の自称フリーター、斎藤義生容疑者(22)が、市川市内の女性(78)から現金を受け取ろうとしているのを目撃。心配して女性に声をかけたところ、容疑者が「お前は何なんだよ」と怒ったため、署長は「警察だ」と告げたという。容疑者が慌てた様子を見せたので、すぐに署員を呼び、逮捕したという。

 逮捕容疑は、仲間とともに孫を装って、女性に「友達が400万円使い込んだ。自分も遊びで一緒に使ったので200万ずつ弁償しないといけない」などと電話し、現金をだまし取ろうとしたとしている。

 田中署長は当時、私服で交番を巡視中だった。「県警の喫緊の課題である詐欺の被害を防ぐことができて良かった。被害の防止と犯人を検挙するためにご理解ご協力をお願いします」とコメントした。【富美月】

毎日新聞 4/20(金) 0:45配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード