スーツ姿でマスク着用…コンビニに不審な男、鴻巣署員が通報 カード1枚をだまし取った疑いで逮捕/熊谷署

 埼玉県の熊谷署は18日、詐欺容疑で、相模原市緑区西橋本1丁目、自称会社員の男(21)を逮捕した。逮捕容疑は、同日午後1時10分ごろ、銀行協会職員を名乗り、熊谷市の無職女性(82)からキャッシュカード1枚をだまし取った疑い。

 同署によると、同日午前10時半ごろから数回、女性方に銀行協会職員などを装う男から、「使っていない口座の12万円が国庫に入ってしまう」「使っている口座に移すことができる」などと電話があった。信じた女性は同日午後1時10分ごろ、自宅でキャッシュカードを手渡した。

 鴻巣署員が女性方付近のコンビニエンスストアで、スーツ姿でマスクを着用していた男を不審に思い、110番した。熊谷署員が熊谷駅で男に任意同行を求めた。男はキャッシュカードと現金40万円を所持していたという。容疑を認めているという。

埼玉新聞 5/20(日) 10:31配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード