保険金詐欺の疑い、右翼団体構成員ら2人逮捕

 右翼団体の構成員で、建設会社社長の新城達則容疑者(49)ら2人が、2014年1月、三鷹市のマンションで破損した配管の補修工事を行ったように装い、損害保険会社から保険金およそ170万円をだまし取ったとして、警視庁公安部に逮捕されました。

 2人は偽の見積書を保険会社に提出していたということで、調べに対し、新城容疑者は、容疑を認めているということです。

TBS NEWS 5/8(火) 17:56配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード