浜松の83歳女性 カード詐取被害

 浜松市中区の無職女性(83)が11日までに、郵便局員や銀行協会職員を名乗る男からキャッシュカード5枚をだまし取られたと浜松中央署に届けた。

 同署によると、10日午後4時45分ごろ、女性宅に郵便局員などを装う男から複数回にわたって「あなたの保険証を使って口座が開設されている」「暗証番号を逆から読んでみてください」「銀行協会の者がすぐに伺うのでカードを預けてください」などと電話があった。

 女性は同日午後6時半ごろ、自宅に現れた銀行協会職員を名乗る男にカード5枚を手渡した。口座からは計100万円が引き出されていたという。

 ■78歳女性も被害 浜松

 浜松市東区の無職女性(78)が11日までに、郵便局員や銀行協会職員、警察官をかたる男からキャッシュカード4枚とクレジットカード5枚をだまし取られたと浜松東署に届けた。

 同署によると、10日午後1時ごろから、女性宅に郵便局員などを装う男から複数回にわたって「お父さんの口座に残高があります」「詐欺に使われている」「指紋認証システムに登録するので暗証番号を教えて」などと電話があった。女性は同日午後4時ごろ、自宅に現れた銀行協会職員を名乗る男にカード計9枚を手渡した。

静岡新聞 5/12(土) 7:35配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード